熊本市西区、独鈷山霊園に関することなら

熊本で墓地をお探しの方、霊園に関するお問い合わせはこちら

電話番号096-337-4448
お問い合わせはコチラ
独鈷山霊園

独鈷山霊園

独鈷山霊園の敷地内地図

独鈷山からの眺めは、東は阿蘇山、西は雲仙までを見渡せる非常に素晴らしい環境にあります。その中腹にある祈りの歴史に彩られた独鈷山霊園は、1200年前から800年の間、この場所で祈られたお坊さま達の清々しい気持ちが伝わってくるような、そんな気持ちにさせてくれる素晴らしい霊園です。

陽当りもよく風が心地よいこの霊園は、徹底した管理のもと、明るく清潔な、皆さまの魂の安住の聖地として永遠に続いていくことでしょう。故人への尊い気持ち、祈ることの大切さを感じさせてくれる霊園です。

独鈷山霊園を有する祈りの丘公園では、ふれあいの森、展望台、自然の石庭、愛の泉など様々な自然や風景が楽しめるほか、更なる情操教育の一貫として中央道路に特別ステージを設置し、いろいろな野外イベントの場として広く一般に開放し、自然といったいになれるロケーションでの野外コンサートや舞台芸能などの場としてご利用いただけます。

永い間埋もれていた1200年の貴重な祈りの歴史がよみがえりました。

今からおそよ1200年前、真言宗を始められた弘法大師様によって、この地に多くのお寺が建てられ、そして大勢のお坊さま達が自分の人生を仏様に捧げられ、一生独身で日夜修行に励んでおられた日本三大霊山のひとつであったのです。そして生涯を通してお寺や山頂の岩かげで修行され、なくなられたお坊さまは山頂に埋葬され、その尊い数十万の御霊が今もこの独鈷山に眠っておられます。

公益財団法人敬愛会は、当時の修行(祈り)の場を聖なる場所とし、永久に保存し後世に伝えるため、子供達の情操教育の場として 60,000㎡の広大な敷地に祈りの丘公園を建設いたしました。山の頂上から東南西面360 度に近い眺望は、眼下に熊本の市街地が広がり、はるか東方には阿蘇の山々、そして西方には有明海を望み、その向こうに雲仙の普賢岳が望めます。この公園では春先には 、8種類の桜の花が咲き乱れ、5月には、つつじ、さつきなど、そして6月には紫陽花といった四季折々の花々を楽しむことができます。

独鈷山の由来

古くは妙観山と称せられていたこの山は、約1200年前、密教の法具の一つ「独鈷」が、空海(=弘法大師)の手によって、修業先である唐よりこの山の松の木の梢に飛来したことに由来する。この記述は空海が記すところのものではなく、あくまで伝説である。

空海、帰国後の足跡

唐で密教を学ばれて帰国後、空海は独鈷山を訪ねられた。そして、紀州和歌山高野山開山まで東長寺(福岡県)を中心に九州を巡られ修行された。

我が国最古最大の霊場

120坊の修行庵(畳3丈程度)と、それと同数かそれ以上の修行僧が存在し、池辺寺を本山として修行が行われたとされる。このように1ヶ所に集まって修行を行うことは、密教としては特にまれである。滝に打たれたり、金峰山を歩いたりといった荒行も行われていた。

空海の教え

地、水、火、風、空、識(六大)…宇宙の全存在はこの六大が融合一体となって現れているもので、仏の身体も衆生の生身も共にこの六大に他ならない。この真理に目覚めるのが真言の教えの根本であり、口に真理を唱え、心に仏を念じ、動作に仏を表すことによって、この身のそのまま成仏できると説く。

独鈷とは

真言密教の修法に用いる道具で両端が尖っている金剛棒。 僧侶の護身用の武器ともいわれている。鉄または銅で作られている。独一の信如法界と勇猛さを表す。

当時の修行装束

黒あるいは白の着物をベースに黄土色の袈裟を身に纏い、すげ傘をかぶり、金剛杖をついて各地を渡り歩いた。

竜天石(悪竜伝説)

延喜年間10世紀の初め、味生(あじむ)の池に悪龍があらわれ、お寺の宝の独鈷と鈴たてを盗みました。そこで池辺寺の仙海というお坊さまが池の水ぎわに石壇を築き、不動明王を安置してお祈りをされると、不思議にも池の水がわき立って独鈷と鈴たてが水中からおどり出てお坊さまの手に返ってきました。その夜、悪龍が夢にあらわれ「おかけさまでやっと毒心を滅ぼすことができました。これから日照りが続いたら、この独鈷と鈴たてを持ってお祈りをされたら雨を降らせましょう。」といって竜は天に昇りました。それからというもの村人たちは日照りが続くと竜天石で雨ごいの祈りをするようになりました。

お問い合わせはコチラ
公益財団法人 敬愛会

〒860-0862 熊本市中央区黒髪7丁目216-1
電話:096-337-4448

霊園・墓地一覧